目の下のたるみはどうしてできるの?原因を知って対策しよう

目の下のたるみの原因@老化

目の下のたるみの原因で一般的なのが、「老化」です。
人間の筋肉は25歳ごろから老化するとされており、顔の筋肉も例外ではありません。

 

 

顔の筋肉が衰えてくると、上に乗った脂肪や皮膚を支える力が弱くなるため、
皮膚が緩み、たるみが出てしまいます。

 

目の下のたるみの原因A体質

人によって、目の下に生まれつき脂肪が多い方や、涙袋が目立つ方がいます。

 

 

そういう人は、その重みでたるみになりやすいと言われています。
自覚がある方は、早いうちから眼輪筋を鍛えるなどの対策を打ちましょう。

 

目の下のたるみの原因B眼精疲労

長時間パソコンやスマホのディスプレイを見ていたり、
暗いところで本を読んだりすると知らず知らずのうちに目が疲れてしまいます。

 

 

目が疲れると目の周りの血行が悪くなり、お肌の新陳代謝が鈍くなったり、
眼輪筋や上眼瞼挙筋がこわばったりしてしまいます。

 

そうすると、目の下のたるみの原因となってしまうのです。

 

原因が分かったら、対策するだけ!

目の下の原因をこうして見てみると、どれも自分で対策できることばかりなんですよね。

 

加齢は止められない・・わけではなく、上手に対策すれば遅くすることができるし、
目の周りの筋肉のエクササイズも十分できることだし、
目を疲れさせないせいような仕事の仕方を工夫することはいくらでもできます。

 

結局、日々の気遣いで目元のキレイは積み重なっていくのかなと思います☆

 

 目元ケアランキングでおすすめ目元ケアをチェックしておこう♪