目の下のシワはなぜできる?原因を徹底解明!

 

目の下は、真顔でいれば何とかなるけど、にっこりすると齢がばれる、鬼門(笑)です。
この目の下のシワ、原因をちょっとまとめてみました。

 

目の下にシワができる原因@乾燥

目の下はとてもデリケート。
もともと皮脂腺が少ない場所だし、皮膚の薄さはティッシュペーパー一枚ほどなので刺激を受けやすく、乾燥しやすいんです。

 

そのため、乾燥するとキメ(肌の盛り上がりと溝のこと)が一方向に流れやすくなり、
細かいシワとなってしまうのです。

 

 

 

これが、目の下のシワができる原因その1!
一般的に「ちりめんジワ」「表皮シワ」「小じわ」などと呼ばれる状態です。

 

目の下にシワができる原因A皮膚の弾力の低下

目の下の表皮の下には「真皮層」と呼ばれる組織があります。
この部分はコラーゲン線維とエラスチン線維から構成され、
その間をヒアルロン酸などの高保湿成分が埋めることで、ベッドのバネのように弾力を保持しています。

 

 

 

このコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの物質は加齢により減少します。
そうすると目の下の皮膚の弾力が低下、弛緩しシワが寄りやすくなってしまうのです。

 

これが目の下のシワができる原因その2です。
年齢を重ねるとシワが出来やすくなるのは真皮層に原因があるというわけですね。

 

こういうシワは一般的に「真皮性ジワ」「大じわ」などと呼ばれます。
表情の癖によってできる「表情ジワ」が定着してしまうのも、真皮層の弾力低下が原因です。

 

目の下のシワを撃退&予防!

目の下にはもともとコラーゲンやエラスチンが少なく、紫外線が当たりやすい場所でもあります。

 

そのため、若いからと言って油断は禁物!弾力が低下すれば若くても深いシワが定着してしまいますよ。

 

特に真皮性のシワは治すのが難しいので、予防的なケア(表皮の保湿、マッサージなどの弾力ケア)を
早い段階から取り入れるのがおススメです。

 

 目元のシワ・クマ・たるみを一度に撃退!おすすめ目元ケアランキング☆