目元ケアには、リファSカラット、Oスタイル、Iスタイルはどれを選べば?

大人気のリファのシリーズには、目元に使える(使いやすい)ものでも3種類あります。

 

 

どれを選べばいいの??ということで、ちょっと詳しく見てみましょう♪

 

3つの特徴は?

リファSカラットは「やさしくつまみ流す」ことができます。
ダイヤカットを施した特殊ローラーが目元の皮膚を優しくつまみ流すことで引き締め効果を生みます。

 

リファの定番、リファカラットのつまみ流すのを、
指先で優しくやってもらうイメージですね。

 

 

 

リファOスタイルは、「押す、流す」のが得意。
840面体のマルチフィットローラーがフェイス曲面にしっかりフィットします。

 

目の下に優しくローリングしたり、目頭をプッシュしたりして使えます。

 

 

 

 

リファIスタイルは「たたく、弾く」のが得意です。
高低差のあるダブルクワトロローラーで肌をリズミカルに揺らしながら引き締め、
キメを整えます。

 

パッティング効果を手軽に実感できるローラーです。

 

 

 

目元のお悩み別にはこれがおすすめ!

目元のお悩みは人それぞれ。お悩みに合わせてリファを選びましょう。

目元のたるみ・シワには

目元のたるみやゆるみ、シワが気になる場合は、リファSカラットがおすすめ。
優しくつまみ流すことで引き締め効果、リンパ・血液の流れを促進する効果が期待できます。

 

目元をしっかりマッサージしたい方におすすめです。

 

 

 

目元のコリには

目元のコリをケアしたいならリファSカラットかリファOスタイルが良いでしょう。
球体のヘッドが肌にフィットし、マッサージ&コリほぐしに適しています。
目頭を押したりするのにも、球体のリファが便利。

 

リファSカラットは眉毛をはさむようにローリングできるのでコリを効率的にほぐすことができますよ。
青クマ対策にもおススメ!

 

 

リファIスタイルの上手な使い方

リファIスタイルは、大きさの違う羽でタッピングするので、少し刺激が強めと感じる人もいます。
目元の細かい部分には少し使いづらいかも。

 

マスクの上から使うなど工夫すれば、目の下のシワや色素沈着、茶クマなどに効果があるかもしれませんね。

 

 

 

 

リファSカラット、リファOスタイル、リファIスタイル、どれも特徴があって迷いますよね。
他のどんな場所(口元とか、首とか)に使いたいか…などの条件も考慮して上手に選びましょう♪